不明点は相談窓口へ聞こう

民間保険の各種保険ですが、これ自体は保険会社によって保険事故(例として、がん保険であれば癌の事実、自動車保険であれば、事故に遭ったという事、です)の定義は異なります。この事ですが、保険会社から円満に給付を受けるためには知っておく必要があります。

保険の相談ですが、保険会社に行くべきと思う配偶者はいるかもしれません。ただ、保険会社の担当者は保険に関する知識に精通したプロであり、相談の申込者は素人とされています。相談に訪れただけなのに、担当者から勧誘をされる事が在るので、契約はその場でする必要は一切ありません。

相談窓口ですが、無難なのは、第三者的な立場に在るファイナンシャルプランニングの専門家の事務所に行くべきでしょう。相談ですが、優良な内容であれば多少は相談料が掛かっても良いかもしれません。 民間の保険に加入をしたいと考える人は生活者であり、生活者は無料の保険相談の窓口を探す事が在るでしょう。その場合、基本的には中立的な立場で話せて且つ親身になってくれる担当者であれば安心できそうです。

また、保険の相談窓口ですが、相談者に対して「相談をしてアンケートに答えた人に対して、抽選で景品を贈呈します」というサービスを実施しているという所が在るそうで、これに関しては相談をしたい人は知っておくと良いかもしれません。 また、相談窓口では、保険金を受けた場合に課税をされる場合に関して助言をしてくれます。これは、相続税の対象となる生命保険の場合であり、生命保険以外に関しては基本的には所得税が非課税となり、被保険者は知っておく必要があります。

結婚すると何が変わる?

夫が会社員である場合、妻が短時間労働者で年間の収入が6万円程度であるときですが、この場合の妻とされる人は夫の健康保険にそのまま加入をする事になります。また、この場合においては、生活保障は対象外となるものの、保険料負担は一切ありません。 また、年金に関してですが、保険料負担については基本的に無しとなります。会社員ないし被用者ですが、社会的には国等が手厚く保護する立場となっているので、被用者等の妻は手厚い保護が受けられるようになります。

会社員の妻ですが、夫に対して憂慮をする事が在ります。それは、過労死の問題です。これは、働き過ぎに因って、人が死んでしまう事とされています。ただ、これは狭い意味での過労死であり、広い意味では「働き過ぎに因って、心身に異常を来し永久的に労働不能となった場合」も該当します。こうなるのを避けるためには、妻は夫に対して第三分野の民間保険で、過労等で仕事が出来なくなった場合に生じる障害を補償するための保険に加入をするように勧めたりするでしょう。 夫が家族のために民間保険に加入をしたとしても、妻自身が必要に応じて民間保険に加入をする事もあり得ます。介護を受けなければならないという場合において、民間の介護保険に加入をしていれば公的な介護保険以上のケアが受けられるからとされています。

結婚による保険見直し

保険には、国(正式には、国から委託された法人となります)や地方自治体が運営している社会保険と、保険会社が販売をしている民間の各種保険が在ります。前者の場合、基本的には強制加入となります。前者の保険給付ですが、主に医療機関を受診した際の窓口負担を軽減させてくれます。また、生活保障ですが、会社員や公務員並びに各種団体等の被用者が加入している健康保険であれば給付は保険者の義務となっています。 後者の場合、第一分野(生命保険)、第二分野(損害保険)、第三分野(主にがん保険)が扱われています。民間保険ですが、これは被用者等や自営者が必要に応じて「万が一の場合、家族には迷惑は掛けられません」という事で加入をする人は少なくないようです。

保険会社が取扱う民間保険ですが、例えば、癌の場合は保険会社によって意味が異なるという事が在ります。また、生命保険に関してですが、妻や子供のために夫が加入をし、夫が事故死や他殺等で死亡をした事が判った場合であれば、残された遺族に対して保険金が出る事になっています。また、生命保険ですが、所得税は基本的に非課税ですが、相続税の課税対象となっており、5百万円×相続人数で決まります。 市町村並びに東京23区の役場に、婚姻届を提出して婚姻関係となった場合であれば当事者は「民間の保険に加入をしましょう。ただ、そうなるとしたら事前に専門家に相談すべきと思います」と考える事になるでしょう。結婚をした場合、配偶者に対して迷惑は掛けられませんし、民間保険に加入をした方が安心できます。このように保険見直しは大切です。