結婚による保険見直し

保険には、国(正式には、国から委託された法人となります)や地方自治体が運営している社会保険と、保険会社が販売をしている民間の各種保険が在ります。前者の場合、基本的には強制加入となります。前者の保険給付ですが、主に医療機関を受診した際の窓口負担を軽減させてくれます。また、生活保障ですが、会社員や公務員並びに各種団体等の被用者が加入している健康保険であれば給付は保険者の義務となっています。 後者の場合、第一分野(生命保険)、第二分野(損害保険)、第三分野(主にがん保険)が扱われています。民間保険ですが、これは被用者等や自営者が必要に応じて「万が一の場合、家族には迷惑は掛けられません」という事で加入をする人は少なくないようです。

保険会社が取扱う民間保険ですが、例えば、癌の場合は保険会社によって意味が異なるという事が在ります。また、生命保険に関してですが、妻や子供のために夫が加入をし、夫が事故死や他殺等で死亡をした事が判った場合であれば、残された遺族に対して保険金が出る事になっています。また、生命保険ですが、所得税は基本的に非課税ですが、相続税の課税対象となっており、5百万円×相続人数で決まります。 市町村並びに東京23区の役場に、婚姻届を提出して婚姻関係となった場合であれば当事者は「民間の保険に加入をしましょう。ただ、そうなるとしたら事前に専門家に相談すべきと思います」と考える事になるでしょう。結婚をした場合、配偶者に対して迷惑は掛けられませんし、民間保険に加入をした方が安心できます。このように保険見直しは大切です。