結婚すると何が変わる?

夫が会社員である場合、妻が短時間労働者で年間の収入が6万円程度であるときですが、この場合の妻とされる人は夫の健康保険にそのまま加入をする事になります。また、この場合においては、生活保障は対象外となるものの、保険料負担は一切ありません。 また、年金に関してですが、保険料負担については基本的に無しとなります。会社員ないし被用者ですが、社会的には国等が手厚く保護する立場となっているので、被用者等の妻は手厚い保護が受けられるようになります。

会社員の妻ですが、夫に対して憂慮をする事が在ります。それは、過労死の問題です。これは、働き過ぎに因って、人が死んでしまう事とされています。ただ、これは狭い意味での過労死であり、広い意味では「働き過ぎに因って、心身に異常を来し永久的に労働不能となった場合」も該当します。こうなるのを避けるためには、妻は夫に対して第三分野の民間保険で、過労等で仕事が出来なくなった場合に生じる障害を補償するための保険に加入をするように勧めたりするでしょう。 夫が家族のために民間保険に加入をしたとしても、妻自身が必要に応じて民間保険に加入をする事もあり得ます。介護を受けなければならないという場合において、民間の介護保険に加入をしていれば公的な介護保険以上のケアが受けられるからとされています。